コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片山博通 かたやま ひろみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片山博通 かたやま-ひろみち

1907-1963 昭和時代の能楽師シテ方。
明治40年12月22日生まれ。観世左近の弟。妻は井上八千代(4代)文化功労者片山幽雪(9代片山九郎右衛門)の父。「猩々(しょうじょう)」の仕舞初舞台をふむ。昭和3年雑誌「観世」を創刊。19年8代九郎右衛門を襲名,のち博通にもどった。観世流シテ方としての演能のほか,新作能・新作狂言の創作などで活躍。昭和38年3月10日死去。55歳。京都府出身。初名は寿雄(としお)。著作に「幽花亭随筆」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

片山博通の関連キーワード井上 八千代(4代目)12月22日片山 慶次郎井上 愛子浦田 保利井上八千代観世 元義昭和時代

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android