コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片山幽雪 かたやまゆうせつ

2件 の用語解説(片山幽雪の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

片山幽雪
かたやまゆうせつ

[生]1930.8.26. 京都,京都
観世流シテ方の能楽師。本名博太郎。前名 9世片山九郎右衛門片山博通(8世片山九郎右衛門)の長男。父の博通,観世華雪,観世雅雪に師事。1936年『猩々』の仕舞で初舞台。1939年『岩船』で初シテ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

片山幽雪

シテ方観世流能楽師。1930年、京都生まれ。本名、片山博太郎。観世流片山家八代目当主の博通(八世九郎右衛門)と、京舞井上流家元で後に人間国宝となった四世井上八千代の長男。父と観世華雪、雅雪父子に師事し、36年に仕舞「猩々(しょうじょう)」で初舞台を踏み、39年に能「岩船」で初のシテ(主役)を勤めた。54年には、能様式による舞台「夕鶴」で主役・つうを演じ話題となった。85年、九世九郎右衛門を襲名。以降、能楽協会理事長、京都観世会会長などを歴任。94年、紫綬褒章を受章。95年に日本芸術院会員に選ばれ、2001年、人間国宝に認定された。09年、文化功労者となり、認められることの少ない雅号「雪号」を観世宗家から許されて、翌10年、長男の清司(十世片山九郎右衛門)に片山家当主を譲り、片山幽雪を名乗った。14年1月13日、敗血症のため死去。享年84。

(2015-1-15)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

片山幽雪の関連キーワード会津勝己樽野武雄亭島南洋三木表悦松風栄一京都所司代京都地検の女〈8〉京都BAL奥村甚之助片山九郎右衛門(9代)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

片山幽雪の関連情報