井上八千代(読み)いのうえやちよ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

井上八千代
いのうえやちよ

京舞井上流家元。

初世

(1767―1854)儒者井上敬助の妹サト。舞に優れ、仕えていた近衛(このえ)家から井菱(いびし)の紋を受け、八千代と名のり流祖となる。

[如月青子 2018年5月21日]

2世

(1790―1868)初世の姪(めい)アヤで、のち養女。能の金剛(こんごう)流の舞、人形浄瑠璃(じょうるり)の人形、歌舞伎(かぶき)からも摂取し井上流の基礎を固めた。

[如月青子 2018年5月21日]

3世

(1838―1938)2世の門弟。能の6世片山九郎右衛門(くろうえもん)の妻で本名片山春子。3世八千代を継承した後も、晩年まで本名で通していた。能観世流の影響を受け、人形浄瑠璃や歌舞伎からもさらに広く取り入れ、地唄(じうた)以外の作品も種々加えた。祇園(ぎおん)新地の舞の指導も行い、1872年(明治5)に行われた博覧会の余興の「都をどり」を振り付け、祇園との結び付きを固めた。

[如月青子 2018年5月21日]

4世

(1905―2004)3世の門弟。3世の孫片山博道(1907―1963)の妻で本名片山愛子。先代譲りの芸格を備え、規格正しく迫力ある舞が抜群。振付け作品数も100曲を超す。1955年(昭和30)人間国宝、1975年文化功労者、1990年(平成2)文化勲章受章。2000年5月に家元を孫の井上三千子(みちこ)に譲ったのち、井上愛子を名のる。

[如月青子 2018年5月21日]

5世

(1956― )4世の孫。前名井上三千子。父は9世片山九郎右衛門(1930―2015)、夫は9世観世銕之丞(かんぜてつのじょう)で本名観世三千子。1999年(平成11)に芸術選奨文部大臣賞、日本芸術院賞を受賞。

[如月青子 2018年5月21日]

『片山慶次郎編『井上八千代芸話』(1967・河原書店)』『遠藤保子著『京舞井上流家元 三世井上八千代』(1993・リブロポート)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

井上八千代【いのうえやちよ】

京舞井上流家元。儒者井上敬助の妹が1800年ごろ近衛家から名を許されて創始。2世も宮中や近衛家に出入りした。3世〔1838-1938〕は祇園(ぎおん)に根をおろし〈都をどり〉を創始するなど活躍。4世〔1905-2004〕は3世の門弟で,舞の名手。1955年人間国宝。1990年文化勲章。5世〔1956-〕は4世の孫で2000年襲名。2013年紫綬褒章受章(5世)。
→関連項目上方舞

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いのうえやちよ【井上八千代】

京舞井上流の家元。(1)初世(1767‐1854∥明和4‐安政1) 本名井上さと。長州萩藩の浪人である儒者井上敬助の妹で,近衛家に仕え,舞を学ぶ。近衛家を退くとき〈井菱〉のを与えられ,それを定紋として井上流を成し,主人から賜った言葉から〈八千代〉を名のる。(2)2世(1790‐1868∥寛政2‐明治1) 京都生れ。本名井上アヤ。敬助の娘で初世のに当たり,のち養女となる。金剛流人形浄瑠璃から振りを取り入れて特色を出し,井上流の基礎を固めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android