コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片山敏彦 かたやま としひこ

2件 の用語解説(片山敏彦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片山敏彦 かたやま-としひこ

1898-1961 昭和時代のドイツ・フランス文学者,詩人。
明治31年11月5日生まれ。昭和4年渡欧,ロマン=ロランらとまじわる。7年一高教授となる。ゲーテ,リルケなどのドイツ文学を翻訳。ロマン=ロランに傾倒してその邦訳全集を監修した。昭和36年10月11日死去。62歳。高知県出身。東京帝大卒。詩集に「朝の林」,著作に「詩心の風光」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

片山敏彦
かたやまとしひこ
(1898―1961)

詩人、評論家、独仏文学者。高知市生まれ。東京帝国大学独文科卒業。法政大学、旧制一高教授、東大講師。ロマン・ロランの研究に没頭し、高田博厚(ひろあつ)らと「ロマン・ロラン友の会」を結成。『愛と死との戯れ』(1926)を訳出、築地小劇場で上演された。1929年(昭和4)渡欧、ロランをスイスに訪ね、ビルドラック、デュアメルらと交遊し、精神的な影響を強く受けた。帰国後、旧制一高、法政大の教壇に立ったが第二次世界大戦中に辞職。その間、ゲーテ、シラー、リルケ、カロッサ、ヘッセなどの作品紹介に努め、ロランにおけるヒューマニズムの追求とファシズムへの抵抗に共感を示した。戦後は、詩作と訳業に専念。おもな著書に『ロマン・ロラン全集』の監修をはじめ、『詩心の風光』(1946)、『雲の旅』(1949)、『片山敏彦詩集』(1958)などがある。[岩崎武夫]
『『片山敏彦著作集』全10巻(1971~72・みすず書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

片山敏彦の関連キーワード西ドイツ統一ドイツ飯吉光夫池田浩士伊藤吉之助上村清延轡田収関口存男藤田五郎(1)山岸光宣

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

片山敏彦の関連情報