コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛鍋屋 ギュウナベヤ

3件 の用語解説(牛鍋屋の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぎゅうなべ‐や〔ギウなべ‐〕【牛鍋屋】

牛鍋を食べさせる店。牛屋。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぎゅうなべや【牛鍋屋】

牛鍋を食べさせる店。明治初期に流行。牛肉屋。牛屋ぎゆうや

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

牛鍋屋
ぎゅうなべや

牛肉の鍋料理専門の店。牛肉にネギ、豆腐などを加えて小鍋で煮ながら食べる「牛鍋料理」は、従来の「小鍋立て」の仕方を応用した日本独特の料理である。呼び名は、鴨(かも)鍋、猪(しし)鍋など山獣野鳥の鍋料理にならったものである。「牛鍋」はおもに関東中心の呼び名で、関西方面では「すき焼き」とよんだが、大正末期からは両者混交して今日ではおもに「すき焼き」と通称されている。日本では家畜(馬牛)の肉食は久しく禁断とされてきたが、明治初頭の「開化」の風潮で牛肉食はにわかに盛んになり、「牛鍋屋」は新文明の代表的存在ともなった。当時の知識人、書生たちの「牛鍋屋」をめぐる新しい風俗は、明治初期の小説にも活写されている。[竹内利美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

牛鍋屋の関連キーワードラストバイト牛屋食わせる蕎麦屋食べ物屋ピッツェリア食べ止し食べ止す茶漬屋食い初め

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

牛鍋屋の関連情報