牛鍋屋(読み)ギュウナベヤ

大辞林 第三版の解説

ぎゅうなべや【牛鍋屋】

牛鍋を食べさせる店。明治初期に流行。牛肉屋。牛屋ぎゆうや

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

牛鍋屋
ぎゅうなべや

牛肉の鍋料理専門の店。牛肉にネギ、豆腐などを加えて小鍋で煮ながら食べる「牛鍋料理」は、従来の「小鍋立て」の仕方を応用した日本独特の料理である。呼び名は、鴨(かも)鍋、猪(しし)鍋など山獣野鳥の鍋料理にならったものである。「牛鍋」はおもに関東中心の呼び名で、関西方面では「すき焼き」とよんだが、大正末期からは両者混交して今日ではおもに「すき焼き」と通称されている。日本では家畜(馬牛)の肉食は久しく禁断とされてきたが、明治初頭の「開化」の風潮で牛肉食はにわかに盛んになり、「牛鍋屋」は新文明の代表的存在ともなった。当時の知識人、書生たちの「牛鍋屋」をめぐる新しい風俗は、明治初期の小説にも活写されている。[竹内利美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎゅうなべ‐や ギウなべ‥【牛鍋屋】

〘名〙 牛鍋を食べさせる料理屋。牛肉屋牛肉店。牛屋。
※歌舞伎・繰返開花婦見月(三人片輪)(1874)二幕「こりゃあ久保町の曲り角、牛鍋屋(ギウナベヤ)で買ひました」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

牛鍋屋の関連情報