コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛首紬 うしくびつむぎ

1件 の用語解説(牛首紬の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

うしくびつむぎ【牛首紬】

絹織物の一種。かつては白山紬とも称した。石川県白山の麓,白峰村字牛首で生産されたのでこの名がつけられた。現在も白峰村,鶴来(つるぎ)町に産出する。地質は堅牢で,釘に引っ掛けても釘が抜けるほどにじょうぶであるというところから,釘抜紬とも呼ばれる。経糸に練玉糸,緯糸には練熨斗糸(ねりのしいと)を使って小幅に織る。羽尺,着尺,ふくさ,ネクタイ等に用いられ,白地が主であるが縞,絣もあり,近年は紬ちりめんもつくられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

牛首紬の関連キーワード絹織物羽二重銘仙生織物呉服太物布帛琥珀織桑都

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

牛首紬の関連情報