コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牡丹燈籠 ぼたんどうろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牡丹燈籠
ぼたんどうろう

人情噺。三遊亭円朝が中国の怪異小説『剪燈新話 (せんとうしんわ) 』のなかの「牡丹燈記」と種々の巷説から想を得て,文久年間 (1861~64) ,二十三,四歳の頃に作ったとされている。 1884年若林坩蔵,酒井舜造が 15日間,円朝の席に通って速記,東京稗史出版会社から雑誌を出し,円朝の口演の評判と速記への興味とから非常な売行きをみた。3世河竹新七脚色,福地桜痴補綴『怪異談牡丹燈籠』が 92年7月,東京歌舞伎座で5世尾上菊五郎らによって初演され,以後も映画,放送などあらゆる分野でしばしば取上げられている。新劇では文学座が大西信行の脚色で 74年に『怪談牡丹燈籠』 (成井市郎演出) として初演した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

牡丹燈籠の関連キーワード三遊亭 金馬(1代目)尾上 菊次郎(3代目)林家 正蔵(8代目)福原百之助(4世)若林 玵蔵豊川悦司牧野省三保坂エマ斉藤範子磯村智彦飯沼慧人情噺プーク

牡丹燈籠の関連情報