コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

依田義賢 よだ よしかた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

依田義賢 よだ-よしかた

1909-1991 昭和時代の脚本家。
明治42年4月14日生まれ。昭和5年日活京都撮影所の脚本部にはいる。14年「残菊物語」,27年「西鶴(さいかく)一代女」,28年「雨月物語」など溝口健二監督作品の大部分の脚本をかく。ほかに「荷車の歌」(監督山本薩夫(さつお))など。平成3年11月14日死去。82歳。京都出身。京都市立第二商業卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

依田義賢
よだよしかた
(1909―1991)

シナリオ作家。京都生まれ。1927年(昭和2)京都第二商業を卒業、住友銀行に勤めたが、翌年日活脚本部に入る。1936年、27歳で溝口健二(みぞぐちけんじ)監督の『浪華悲歌(なにわエレジー)』と『祇園(ぎおん)の姉妹(きょうだい)』の脚本を執筆。以後も『愛怨峡(あいえんきょう)』(1937)、『残菊物語』(1939)、『浪花女(なにわおんな)』(1940)、『夜の女たち』(1948)、『西鶴一代女(さいかくいちだいおんな)』(1952)、『雨月物語』(1953)、『近松物語』(1954)など溝口作品を担当した。ほかに『異母兄弟』(1957)、『荷車の歌』(1959)、『武士道残酷物語』(1963)があり、虐げられた女性を凝視。著書『溝口健二の人と芸術』は、不世出の監督との創作過程を記録した貴重な文献である。[千葉伸夫]
『依田義賢著『溝口健二の人と芸術』(1970・田畑書店) ▽依田義賢著『依田義賢シナリオ集』『依田義賢シナリオ集(2)』(1978、1984・映人社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の依田義賢の言及

【溝口健二】より

…《西鶴一代女》《雨月物語》《山椒太夫》がいずれもベネチア映画祭で受賞して世界の注目を浴び,フランスの〈ヌーベル・バーグ〉の監督たち(ゴダール,トリュフォー,ジャック・リベット等々)からはとくに信奉された。 《浪華悲歌》から始まって《新・平家物語》に至る溝口健二のほとんど全作品の脚本を手がけた依田義賢(よしかた)(1909‐91)による回想録《溝口健二の人と芸術》(1964),新藤兼人監督によるドキュメントと証言による伝記映画《ある映画監督の生涯》(1975)がある。【広岡 勉】。…

※「依田義賢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

依田義賢の関連キーワードある映画監督の生涯 溝口健二の記録妖刀物語 花の吉原百人斬り歌麿をめぐる五人の女千利休 本覺坊遺文元禄忠臣蔵 後篇元禄忠臣蔵 前篇雨月物語(映画)女優須磨子の恋わが恋は燃えぬ恋や恋なすな恋武士道残酷物語遙かなり母の国武器なき斗い大江戸五人男暴れん坊街道新・平家物語芸道一代男おぼろ駕籠雪夫人絵図夜の女たち

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

依田義賢の関連情報