志村喬(読み)シムラタカシ

デジタル大辞泉の解説

しむら‐たかし【志村喬】

[1905~1982]俳優。兵庫の生まれ。本名、島崎捷爾(しょうじ)。舞台俳優を経て映画俳優となり、「浪華悲歌(なにわエレジー)」「赤西蠣太(あかにしかきた)」「鴛鴦(おしどり)歌合戦」などに出演。また黒沢明監督作品の多くに出演し、「生きる」「七人の侍」などで主演をつとめた。他の出演作に「ゴジラ」「男はつらいよ」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

志村喬【しむらたかし】

俳優。兵庫県生れ。本名島崎捷爾(しょうじ)。土佐藩高知藩)の藩士出自をもつ厳格な家庭で育った。関西大学中退。1930年に近代座に入り,新声劇,新選座を経て,1934年に新興キネマ社に入社。1935年に映画《忠治売り出す》で本格出演を果たす。1943年公開の《姿三四郎》で黒澤明監督と出会い,以後黒澤作品には欠かせない名優となった。なかでも癌に侵された市役所の市民課課長役を演じた《生きる》で,主演として高い評価を得た。その独特な風貌は〈タラコ唇〉に象徴され,名脇役としても知られる。《酔いどれ天使》《七人の侍》《ゴジラ》《天国と地獄》など多数の映画作品に出演し,テレビでも活躍した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

志村喬 しむら-たかし

1905-1982 昭和時代の映画俳優。
明治38年3月12日生まれ。近代座などの劇団をへて,昭和9年新興キネマにはいる。戦前は脇役としておおくの時代劇に出演。戦後は27年「生きる」に主演したほか,「酔いどれ天使」「野良犬」「七人の侍」など黒沢明作品にかかせない俳優として活躍した。昭和57年2月11日死去。76歳。兵庫県出身。関西大中退。本名は島崎捷爾(しょうじ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の志村喬の言及

【生きる】より

…アメリカでは《To Live》,イギリスでは《Living》,またフランスでは《Vivre》とも訳されたが,その後,原題の《Ikiru》が定着し,国際的にもクロサワの最高作の1本と評価されている。癌のため余命4ヵ月くらいと死の宣告を受けた市役所の市民課長(志村喬)が,非人間的な官僚主義の末端で無意味に生きた〈勤続30年〉を取り返すために,機械的に処理した古い陳情書を取り出し,下町の低地を埋め立てて小さな児童公園を作ることに挺身して死ぬ。ここまでがいわば導入部で,その後約2/3は主人公の通夜のシーンとなり,市役所の同僚たちを中心とした周辺の人々の回想(それも《羅生門》(1950)のようにきわめて主観的な回想)を重ねることによって,あらためて主人公の生き方が浮かび上がり,甘いセンチメンタルなヒューマニズム映画と思われた前半の部分が,〈生きる〉ことの意味を命がけで追究し証明した1人の人間の気高い物語に変貌していくとともに(雪の降る児童公園で1人ブランコに乗りながら《ゴンドラの唄》を口ずさんで死んでいく主人公のイメージがしだいに画面を圧倒する),周辺の人間たちの卑小さがグロテスクに浮かび上がるという典型的な黒沢的構図と逆転劇に似た映画的構成になっている。…

【酔いどれ天使】より

…戦後の貧しい青春を描いた《素晴らしき日曜日》(1947)につづいて,脚本は植草圭之助とのコンビによっている。戦後社会の一つの象徴的産物である闇市にのさばるやくざたちを取りあげ,中年を過ぎた酔いどれの医師(志村喬)と結核を病むやくざの青年(三船敏郎)との交流を描きながら,やくざの世界の至高の道徳律であり誇りである〈仁義〉の虚偽とむなしさを痛烈にあばきつつ,日本の戦後社会の世相と精神構造,その動揺と混乱を的確かつ鮮烈にとらえた作品であった。映画音楽を〈対位法〉的にとらえた作曲家早坂文雄(1914‐55)とのコンビ第1作であり,1946年の東宝ニュー・フェイス三船敏郎(1920‐97)とのコンビのスタートとなった作品でもある。…

※「志村喬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

志村喬の関連情報