コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧神の午後への前奏曲 ぼくしんのごごへのぜんそうきょく Prélude à l'après-midi d'un faune

4件 の用語解説(牧神の午後への前奏曲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牧神の午後への前奏曲
ぼくしんのごごへのぜんそうきょく
Prélude à l'après-midi d'un faune

楽曲の名称。 C.ドビュッシー作曲の管弦楽曲。 1892~94年作。牧神の夢幻的,官能的なまどろみをうたった印象主義的作品で,S.マラルメの象徴詩『半獣神の午後』によっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぼくしんのごごへのぜんそうきょく【牧神の午後への前奏曲】

《原題、〈フランスPrélude à l'après-midi d'un fauneドビュッシーの管弦楽曲。1892年から1894年にかけて作曲。ホ長調。マラルメの詩に着想を得た作品。ニジンスキーによるバレエ牧神の午後」で用いられた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

牧神の午後への前奏曲

フランスの作曲家クロードドビュッシーの管弦楽曲(1892-94)。原題《Prélude à l'après-midi d'un faune》。マラルメの詩『半獣神の午後』に着想を得て作曲された。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぼくしんのごごへのぜんそうきょく【牧神の午後への前奏曲 Prélude à l’après‐midi d’un faune】

ドビュッシーの初期の代表的な管弦楽曲。ドビュッシーはこの作品で自己の作風を確立すると同時に,20世紀のオーケストラ作品の方向を決定した。マラルメの同名の象徴詩に感動した作曲者は,1892年,〈前奏曲〉〈間奏曲〉〈敷衍曲〉の3曲からなる大作に着手したが,結局〈前奏曲〉だけを94年9月に完成した。初演は,同年12月22日,サル・ダルクールでG.ドレの指揮によって行われた。バレエ・リュッス(ニジンスキー振付)によるバレエとしての初演(1912年5月29日)は,センセーショナルな話題を集めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の牧神の午後への前奏曲の言及

【ドビュッシー】より

… 卒業後大賞受賞者としてローマに滞在,留学作品に合唱つきの交響組曲《春》,カンタータ《選ばれた乙女》(ロセッティ詩のフランス語訳)などがあるが,後者はほとんどパリでつくられたもので,93年初演されていささか彼の名を世間に知らせた。同年末に弦楽四重奏曲,翌年末マラルメの詩に基づく《牧神の午後への前奏曲》と,傑作があいつぐ。かたわら,熱狂していたR.ワーグナーへの批判がめざめた。…

※「牧神の午後への前奏曲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

牧神の午後への前奏曲の関連キーワード夜想曲子供の領分月の光2つのアラベスクドビュッシー:レントより遅く(ワルツ)/piano soloドビュッシー:スティリー風タランテッラ(舞曲)/piano soloラヴェル:クープランの墓/piano soloドビュッシー:小組曲/1 piano 4 handsファリャ:クロード・ドビュッシーの墓碑銘のための讃歌/piano solo《春》(音楽,ドビュッシー)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

牧神の午後への前奏曲の関連情報