コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧神の午後への前奏曲 ぼくしんのごごへのぜんそうきょくPrélude à l'après-midi d'un faune

4件 の用語解説(牧神の午後への前奏曲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牧神の午後への前奏曲
ぼくしんのごごへのぜんそうきょく
Prélude à l'après-midi d'un faune

楽曲の名称。 C.ドビュッシー作曲の管弦楽曲。 1892~94年作。牧神の夢幻的,官能的なまどろみをうたった印象主義的作品で,S.マラルメの象徴詩『半獣神の午後』によっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぼくしんのごごへのぜんそうきょく【牧神の午後への前奏曲】

《原題、〈フランスPrélude à l'après-midi d'un fauneドビュッシーの管弦楽曲。1892年から1894年にかけて作曲。ホ長調。マラルメの詩に着想を得た作品。ニジンスキーによるバレエ牧神の午後」で用いられた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

牧神の午後への前奏曲

フランスの作曲家クロードドビュッシーの管弦楽曲(1892-94)。原題《Prélude à l'après-midi d'un faune》。マラルメの詩『半獣神の午後』に着想を得て作曲された。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぼくしんのごごへのぜんそうきょく【牧神の午後への前奏曲 Prélude à l’après‐midi d’un faune】

ドビュッシーの初期の代表的な管弦楽曲。ドビュッシーはこの作品で自己の作風を確立すると同時に,20世紀のオーケストラ作品の方向を決定した。マラルメの同名の象徴詩に感動した作曲者は,1892年,〈前奏曲〉〈間奏曲〉〈敷衍曲〉の3曲からなる大作に着手したが,結局〈前奏曲〉だけを94年9月に完成した。初演は,同年12月22日,サル・ダルクールでG.ドレの指揮によって行われた。バレエ・リュッス(ニジンスキー振付)によるバレエとしての初演(1912年5月29日)は,センセーショナルな話題を集めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の牧神の午後への前奏曲の言及

【ドビュッシー】より

… 卒業後大賞受賞者としてローマに滞在,留学作品に合唱つきの交響組曲《春》,カンタータ《選ばれた乙女》(ロセッティ詩のフランス語訳)などがあるが,後者はほとんどパリでつくられたもので,93年初演されていささか彼の名を世間に知らせた。同年末に弦楽四重奏曲,翌年末マラルメの詩に基づく《牧神の午後への前奏曲》と,傑作があいつぐ。かたわら,熱狂していたR.ワーグナーへの批判がめざめた。…

※「牧神の午後への前奏曲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

牧神の午後への前奏曲の関連情報