コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧野芝石 まきの しせき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧野芝石 まきの-しせき

1837-1902 幕末-明治時代の医師,画家。
天保(てんぽう)8年生まれ。医術を父佐々木北洋,文を森田節斎(せっさい),詩を藤井竹外(ちくがい)にまなぶ。文久3年浪士隠匿(いんとく)で捕吏に目をつけられたため因幡(いなば)鳥取にのがれ,牧野を名のった。維新後は画業に専念。明治35年4月死去。66歳。和泉(いずみ)堺出身。名は講修。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

牧野芝石の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門コワニエ常磐津文字太夫ワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)ロバート ギッフェンイギリス史(年表)正岡子規熱雲サウド家シング(John Millington Synge)