コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物力銭 ぶつりょくせん wu-li-qian; wu-li-ch`ien

2件 の用語解説(物力銭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

物力銭
ぶつりょくせん
wu-li-qian; wu-li-ch`ien

中国,代に行われた総合財産税。第5代皇帝世宗が,財政難打開のために考案し,大定4 (1164) 年以来実施。おもに漢人の私有財産の田園,現住居以外の邸舎,車,畜類,現金,国外で贈与された臨時収入などの多寡を査定した通検推排 (10年ごとに実施) に基づき,課税した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぶつりょくせん【物力銭 wù lì qián】

中国,金朝の世宗が実施した財産税。猛安謀克(もうあんぼうこく)戸や奴婢を除くすべての漢人と渤海人が対象となった。世宗は1164年(大定4)に各地方に特使を派遣して,人民が私有する田地,屋敷(ただし本人が居住する屋敷は除く),車,家畜,作物,現金などの財産を調べ,それにもとづいて物力銭を徴収した。物力銭は独立の税であったが,また賦役や免役銭を課す基準にもなった。こののちも負担の公平を期すために財産調査はほぼ10年ごとに行われたが(通検推排という),物力銭の総額はほとんど変化しなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の物力銭の言及

【金】より

…そのうえ,外征を始めると,たちまち財政難におちいった。財政難を切り抜けるために考え出したのは,物力銭(ぶつりよくせん)(一種の財産税)の徴収である。物力銭を定めるための財産査定は,通検・推排といい,1164年(大定4)以後1204年(泰和4)に至るまで,原則として10年ごとに実施せられたが,公平な税負担を標榜しながら,実際には増収をねらったため,各所で問題がおこった。…

※「物力銭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

物力銭の関連キーワード固有財産特有財産世宗猛安謀克無料低額診療事業一般財産税経常財産税個別財産税名目的財産税臨時財産税

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone