コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特別の機関 とくべつのきかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

特別の機関
とくべつのきかん

国の行政機関に,特に必要のある場合に法律の定めるところにより置かれる機関 (国家行政組織法8条の3) 。具体的には,公害対策会議などの閣僚協議会的なもの,日本学士院日本芸術院,青少年対策本部,警察庁検察庁,在外公館,自衛隊の部隊などがその例である。 (→施設等機関 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とくべつ‐の‐きかん〔‐キクワン〕【特別の機関】

国の行政機関(府省およびその外局)が、特に必要がある場合に設置する機関で、審議会施設等機関以外のもの。警察庁(国家公安員会)、政治資金適正化委員会総務省)、検察庁法務省)、日本学士院文部科学省)、日本芸術院文化庁)、陸海空自衛隊防衛省)などがこれに当たる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

特別の機関の関連キーワード地方公営企業労働関係法地震調査研究推進本部原子力安全・保安院新潟県中越地震中央選挙管理会社会保険庁改革地震調査委員会国税不服審判所統合幕僚監部海難審判所国土地理院内局・外局国立印刷局通商産業省農林水産省工業技術院会計検査院憲法裁判特務機関苦情処理

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android