特別法人(読み)トクベツホウジン

デジタル大辞泉「特別法人」の解説

とくべつ‐ほうじん〔‐ハフジン〕【特別法人】

特別の法律に基づいて、国・政府関係機関・地方公共団体の出資により設立された法人。金融商品取引法に基づく日本証券業協会や、中小企業協同組合法に基づいて各都道府県に設立される中小企業団体中央会など。
1のうち、全国を地区とし、法律により国の事務を行うことが規定されている、あるいは国に対する審査請求異議申立て制度があるなど、一定要件に該当する法人で、独立行政法人特殊法人認可法人共済組合特別民間法人以外のもの。
地方税法規定により法人事業税の軽減措置が適用される法人。協同組合信用金庫医療法人など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android