コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犬サフラン イヌサフラン

大辞林 第三版の解説

いぬサフラン【犬サフラン】

ユリ科の多年草。ヨーロッパ原産。薬用・観賞用に栽培。春、広線形の葉を三~五枚出し、葉が枯れたのち、径10センチメートルの淡紅色の六弁花を数個開く。種子・球茎には、染色体倍加ホルモンであり痛風の治療薬にもなるアルカロイドのコルヒチンを含む。コルチカム。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

犬サフランの関連キーワードユリ科球茎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

犬サフランの関連情報