狂瀾(読み)キョウラン

デジタル大辞泉の解説

きょう‐らん〔キヤウ‐〕【狂×瀾】

荒れ狂う大波。
物事が狂い乱れている状態。「時代の狂瀾に身をまかせる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

きょう‐らん キャウ‥【狂瀾】

〘名〙
① 荒れう波。狂ったようにさかまく大波狂濤(きょうとう)
※東海一漚集(1375頃)一・物初師翁感事韻「燎火初微宜可救。狂瀾稍大孰能隄」
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「河上の狂は白を嗽(しわぶ)き、乱雲は峰巒を噛む」
② 物事の狂い乱れる状態をたとえていう語。
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉三「一家の風濤をだも忍び得ずして、国家の狂瀾(キャウラン)を廻らし得るや」 〔丁復‐送客詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android