コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狂瀾 キョウラン

デジタル大辞泉の解説

きょう‐らん〔キヤウ‐〕【狂×瀾】

荒れ狂う大波。
物事が狂い乱れている状態。「時代の狂瀾に身をまかせる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうらん【狂瀾】

荒れ狂う大波。
ひどく荒れ乱れて手のほどこしようもない情勢。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

狂瀾の関連キーワード響・鄕・享・京・供・侠・俠・僑・兄・兇・共・凶・匡・協・卿・叫・喬・境・夾・嬌・峡・峽・強・怯・恐・恭・拱・挟・挾・教・杏・梟・橋・況・狂・狭・狹・矜・矯・竟・競・経・胸・脅・脇・興・跫・郷・鋏・鏡・響・頬・頰・饗・香・驕・驚狂瀾を既倒に廻らす廻瀾を既倒に反す回瀾を既倒に反す狂濤・狂涛水天彷彿楊邨人既倒狂濤退回大波惶忙

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android