狂狷(読み)きょうけん

精選版 日本国語大辞典「狂狷」の解説

きょう‐けん キャウ‥【狂狷】

〘名〙 (形動) (「論語子路」の「不中行而与上レ之、必也狂狷乎、狂者進取、狷者為也」による。「狷」は、かたく意を曲げないこと) 志が高く、意志の堅固なこと。並はずれて、自己を高く持すること。
※俳諧・去来抄(1702‐04)同門評「凡、発句を吟ずるに、意(こころ)は無情・狂狷(キャウケン)・聖賢・仏祖の境にも游ぶべし」 〔大智度論‐七〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「狂狷」の解説

きょう‐けん〔キヤウ‐〕【狂×狷】

《「論語」子路から》いちずに理想に走り、自分の意思をまげないこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「狂狷」の解説

【狂狷】きよう(きやう)けん

志高く、偏狭である。〔論語、子路〕子曰く、中行を得て之れと與(とも)にせざるときは、必ずや狂狷か。狂みて取り、狷は爲さざるり。

字通「狂」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android