コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩猟期 シュリョウキ

デジタル大辞泉の解説

しゅりょう‐き〔シユレフ‐〕【狩猟期】

1年のうちで、狩猟が許可される期間。原則として、北海道は10月1日から翌年1月31日、本州以南では11月15日から翌年2月15日まで。猟期狩猟期間
[補説]鳥獣保護法では、主として安全確保の観点から、農林業作業が行われる時期や山野で見通しがきく落葉期などを勘案して、狩猟期間を、毎年10月15日(北海道にあっては9月15日)から翌年4月15日までと規定しているが、鳥獣保護の観点から、鳥類の繁殖や渡りの時期等を考慮し、鳥獣保護管理法施行規則により、北海道以外の区域では毎年11月15日から翌年2月15日(猟区内は毎年10月15日から翌年3月15日)まで、北海道では毎年10月1日から翌年1月31日(猟区内は毎年9月15日から翌年2月末日)までと短縮されている。また、対象狩猟鳥獣や都道府県によって、猟期が延長または短縮される場合がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅりょうき【狩猟期】

1年のうちで狩猟が許可されている期間。11月15日から翌年2月15日まで(北海道は10月1日から翌年1月31日まで)。猟期。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

狩猟期の関連キーワードハンティングミッチェルオマハ族ポンカ族中川温泉わな猟飼い鳥鴨場猟またぎ補説阿仁クマ網猟

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

狩猟期の関連情報