コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野内膳 かのうないぜん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

狩野内膳
かのうないぜん

[生]元亀1(1570)
[没]元和2(1616).京都
桃山時代~江戸時代初期の画家。父は荒木村重の家臣。幼名を久蔵,のち内膳重郷と改める。号は一翁。狩野松栄に絵を学び狩野姓を許され,のち豊臣家絵師となる。代表作は『豊国祭礼図屏風』 (豊国神社) ,『南蛮屏風』 (神戸市立博物館) 。内膳の嗣子一渓重良は『丹青若木集 (たんせいじゃくぼくしゅう) 』の著者として有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野内膳 かのう-ないぜん

1570-1616 織豊-江戸時代前期の画家。
元亀(げんき)元年生まれ。僧籍にはいるが還俗(げんぞく)して狩野松栄の弟子となり,狩野姓をゆるされる。豊臣秀吉に目をかけられ,豊臣家の御用をつとめた。慶長9年(1604)の秀吉七回忌臨時祭礼をえがいた「豊国祭礼図屏風(びょうぶ)」や「南蛮屏風」などが代表作。元和(げんな)2年4月3日死去。47歳。本姓は池永。名は重郷。号は一翁

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

狩野内膳

没年:元和2.4.3(1616.5.18)
生年:元亀1(1570)
安土桃山・江戸初期の画家。名は重郷,号は一翁。荒木村重の家臣池永重元の子として生まれる。天正6(1578)年ごろ,根来密厳院に入ったが,のち還俗して狩野松栄に絵を学んだ。15年には狩野氏を称することを許され,またそのころ,天下人秀吉の支持を得て,以後,豊臣家の絵事を勤めた。秀頼の命で「家原寺縁起」の模写をしている。「豊国祭礼図屏風」(豊国神社蔵)は,慶長9(1604)年秀吉の7回忌臨時大祭の公式記録ともいうべきもので,内膳の代表作である。同11年秀頼によって奉納された。その他内膳の作としては「南蛮屏風」(神戸市立博物館蔵)が著名である。<参考文献>成沢勝嗣「狩野内膳考」(『神戸市立博物館研究紀要』2号)

(榊原悟)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かのうないぜん【狩野内膳】

1570‐1616(元亀1‐元和2)
桃山時代の画家。重郷(しげさと),一翁斎とも称する。その子一渓の著した《丹青若木集(たんせいじやくぼくしゆう)》によると,狩野松栄門人となって狩野姓を許され,豊臣秀吉に仕えたという。1604年(慶長9)秀吉の七回忌に豊国神社で行われた臨時祭の様子を描いた《豊国祭礼図屛風》(豊国神社),《南蛮屛風》(神戸市立南蛮美術館)などの風俗画にすぐれた手腕を認めることができるが,ほかにも近年さまざまな主題の作例が見いだされている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の狩野内膳の言及

【安土桃山時代美術】より

…前期の永徳画《洛中洛外図屛風》や,狩野秀頼の《高雄観楓図屛風》(東京国立博物館)などのあとをうけて,後期でも狩野派が風俗画制作にめざましく活躍した。狩野内膳筆《豊国祭礼図屛風》(豊国神社),狩野長信の《花下遊楽図屛風》(東京国立博物館)などは現世の享楽を素直に肯定しようとする人々の生活態度が反映されている。また南蛮美術は,ポルトガル人の渡来に伴う桃山文化の国際的性格を反映したもので,後期に流行した。…

※「狩野内膳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

狩野内膳の関連キーワード豊国神社(とよくにじんじゃ)岩佐勝以狩野一渓狩野一翁狩野重郷

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android