コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南蛮屛風 なんばんびょうぶ

1件 の用語解説(南蛮屛風の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

なんばんびょうぶ【南蛮屛風】

16世紀末期~17世紀中葉の日本で描かれた屛風絵で,当時の南蛮人(ポルトガル人,スペイン人)来日のありさまを主題としたもの。文化史の上では南蛮美術の一翼をになうが,美術史の上では桃山時代を中心として展開した近世初期風俗画に属する。多くは六曲一双の屛風絵で,その構成は,ほぼつぎの3種に大別される。(1)向かって(以下同様)左隻に南蛮船の入港と荷揚げの情景を表し,右隻に船長以下の南蛮寺(キリスト教会)への行進,それを迎える神父たち,西洋人一行を珍しそうに眺める日本人などを描くもの,(2)上記の両隻の図様を右隻にまとめ,左隻には異国の市街を背景にした港を出る南蛮船を表すもの,(3)右隻の図様は(2)と同様で,左隻には異国における南蛮人風俗を描くもの,である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

南蛮屛風の関連キーワードキュロットスラブ主義チェロ勅版トゥルゴビシュテ日宋貿易文化国家弁韓線香中葉

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

南蛮屛風の関連情報