コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野洞春(2) かのう どうしゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野洞春(2) かのう-どうしゅん

1747-1797 江戸時代中期-後期の画家。
延享4年生まれ。狩野元仙の長男。宝暦5年(1755)父の跡をうけて駿河台(するがだい)狩野家をつぐ。天明5年法眼(ほうげん)となった。朝鮮贈呈屏風(びょうぶ)の制作などを手がける。寛政9年3月8日死去。51歳。寛政7年2月28日死去とする説もある。名は美信。別号に浩然斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

狩野洞春(2)の関連キーワードアフマド・シャー・ドゥッラーニー蔀関月ティークヘンミ竹田出雲(初代)桃園天皇ドゥラーニー朝桂川甫筑ベロット桃園天皇

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android