猫いらず(読み)ねこいらず

百科事典マイペディアの解説

猫いらず【ねこいらず】

殺鼠(さっそ)剤。黄リン約8%のほか,グリセリン,デンプンなどを含む。殺鼠作用はリン中毒による。現在では毒物及び劇物取締法の対象となり,ほとんど用いられていない。
→関連項目殺鼠剤

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ねこいらず【猫いらず】

1905年成毛英之助がアメリカの製品をヒントに製造発売した日本最初の黄リン系殺鼠(さつそ)剤の商品名。普及にともない殺鼠剤の代名詞となった。黄リン含量は8%。外観は赤褐色軟泥状で,味は甘く,独特の臭気がある。1cm大の野菜片やだんごに約0.05gの薬を塗付し,穀粉をまぶしたものをネズミの通路に置いて使う。ネズミ以外のモグラや害虫の駆除にも有効であった。入手しやすい毒物であったため大正のころには,猫いらずによる自殺が増え〈猫自殺〉などと呼ばれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ねこいらず【猫いらず】

黄リンを主成分とする殺鼠さつそ剤の商標名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android