猫背(読み)ねこぜ

精選版 日本国語大辞典「猫背」の解説

ねこ‐ぜ【猫背】

〘名〙 中が丸く曲がって、前方にややかがむような姿勢になっていること。また、そのような背や、そのような人。猫背中。ねこ。
※かた言(1650)五「例の(ネコ)ぜをたて、身ぶるひしつつ」
※めぐりあひ(1888‐89)〈二葉亭四迷訳〉一「身材の高い、猫背で、白頭の、活気は有りながら沈着いた相好の男が」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「猫背」の解説

猫背
ねこぜ

脊柱(せきちゅう)の胸椎(きょうつい)部がなだらかな後彎(こうわん)を示すものをいい、脊柱変形(脊柱彎曲異常)の一種である脊柱後彎症に含まれる円背(えんぱい)(全後彎)の俗称である。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「猫背」の解説

ねこ‐ぜ【猫背】

首をやや前に出し、背を丸めた姿勢。また、そのようなからだつき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「猫背」の解説

ねこぜ【猫背】

脊椎後彎症kyphosisのうち,背部になだらかな後彎を示す円背をさす。胸椎部に多くみられ,原因によって先天性,炎症性,弛緩性,職業性,老人性などに分けられる。これらのうち,先天性円背脊椎カリエスなどによる炎症性円背はまれで,多くみられるのは,幼小児から学童期にかけての〈不良姿勢〉が原因となる弛緩性円背,座業や重量物を背負う職業の人にみられる職業性円背,脊椎の老人性変形による老人性円背である。これらのうち,弛緩性円背や職業性円背は腰痛症の原因ともなるので,姿勢を正しく保つように努めるとともに,姿勢に関する諸筋,腹筋背筋,臀筋などを強化する体操を行って,姿勢の改善を図ることがたいせつである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android