コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腰痛症 ようつうしょう lumbago

翻訳|lumbago

4件 の用語解説(腰痛症の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

腰痛症
ようつうしょう
lumbago

腰部や殿部に感じる限局的な痛みのうち,明確な病変をもたないものに対していう。したがって,慢性虫垂炎鼠径ヘルニア,女性器障害,慢性腹膜炎などで生じる腰痛は除外される。精神身体医学で腰痛を「仮面をつけたうつ病」としているように,心因反応の一部として腰痛が現れることもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

腰痛症【ようつうしょう】

腰部の痛みの総称で,種々の病変による自覚症状。病変は腰部の筋,筋膜,脊柱,骨,神経,下腹部内臓などで起こる。一般には,脊椎カリエス骨折椎間板ヘルニアなど明白な疾患の症状を除き,原因のあまりはっきりしない腰部の痛みを腰痛症と呼ぶ。
→関連項目職業病ペインクリニック

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ようつうしょう【腰痛症 low back pain】

明らかな原因となる病気が発見できず,X線写真でも異常が認められず,筋肉の過労や不良姿勢などが原因で生じたと考えられる腰の痛みをいう。したがって病名というよりも一つの疼痛状態であり,かなり広範囲の腰痛が含まれているわけで,個々の場合で痛みの原因が異なっている可能性もある。また,仮に腰痛症としてとらえたとしても,なにか原因の明らかな病気の初期の症状であることもあるので,痛みが続くようなら,さらに精密な検査をして痛みの原因をつきとめる努力がなされねばならない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

腰痛症
ようつうしょう
low back pain

腰部の傷みは起立するヒトの宿命ともいえるものであり、腰部にかかる負担はきわめて大きく、とくに腰椎(ようつい)下部に力学的負担が集中的に加わる。したがって、腰椎の椎間板ヘルニアや脊椎(せきつい)分離すべり症がおこりやすく、加齢による退行性変化の一つである変形性脊椎症も腰椎下部に好発する。これらの疾患はいずれも腰痛の原因となる代表的なもので、ほかに腰椎を取り巻く筋肉に障害が加わっておこる腰筋痛、姿勢異常である脊柱変形によるものなど整形外科領域の疾患をはじめ、腎盂(じんう)腎炎や尿路結石、胆石などの胆管・胆嚢(たんのう)疾患、子宮筋腫(きんしゅ)などの女性性器疾患、骨盤内臓器の悪性腫瘍(しゅよう)など、腰痛を伴う疾患は多岐にわたって数多くある。しかし、これらは診察や検査によって発見され、いずれも腰痛を一つの症状としているので、各疾患名を診断名とし、一般に腰痛症という診断名は原因不明のものに対して使われる。
 腰痛は前述のような疾患ばかりでなく、さまざまな原因によっておこり、それらが明確に診断されにくい場合も多く、また互いに重複したり、患者の心理的・社会的・経済的因子を含めてきわめて多くの原因が複雑に絡み合って引き起こされる。急に腰をひねったり、重い物を持ち上げようとしたときなどに強い腰痛がおこるのは俗に「ぎっくり腰」とよばれるが、多くは日常生活で思い当たることもないのにおこり、痛む部位や範囲もはっきりせず、晴雨などによって痛みが強くなったり軽くなったりする。診断には、まず発病の状態などを問診し、姿勢や脊椎の動きをチェックしたり、痛む部位を圧迫して痛みがどこに波及するかを調べるほか、腱(けん)反射や下肢のあがりぐあいをみる神経学的検査やX線検査も行われる。治療としては、安静を守るなど保存療法が主で、ときに手術療法も行われる。いずれの場合にも心理療法を併用すると、その効果を高めることが認められている。
 保存療法としては、理学療法と薬物療法(鎮痛消炎剤、筋弛緩(しかん)剤、向精神薬など)、神経ブロック療法が行われる。理学療法の主体をなすのは腹筋や背筋の力を強化する腰痛体操で、ときには持続的・間欠的脊椎の牽引(けんいん)や水治療法、冷・温罨法(あんぽう)などのほか、体幹装具であるコルセットを用いることもある。マッサージも心理効果を含めて有効とされる。運動療法である腰痛体操にもいろいろあるが、たとえば、楽な姿勢であおむけに寝て、両足を伸ばしたまま軽く左右交互にあげたり、両足をそろえて同時にあげ、しばらく留めてからゆっくり下ろす。それぞれ20回ぐらいできるようになったら、胸から上を起こす運動を行い、だんだん回数を増やしていく。さらに、両足を伸ばしたまま上半身を起こし、足先に手の指先を触れたり、膝(ひざ)を軽くそろえて立て、上半身を起こしたり、左右交互に倒すようにして腰椎と骨盤をひねる運動なども行う。[永井 隆]
『岩倉博光著『腰痛体操』(1980・金原出版) ▽荻島秀男著『リハビリテーションシリーズ(1) 腰痛』(1981・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

腰痛症の関連キーワード硬X線軟X線連続X線基礎疾患保因者柔らかいX線一次X線二次X線腎性くる病原因が明らかな難治性下痢症

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

腰痛症の関連情報