コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玄侑宗久 ゲンユウソウキュウ

デジタル大辞泉の解説

げんゆう‐そうきゅう〔ゲンイウソウキウ〕【玄侑宗久】

[1956~ ]小説家僧侶。福島の生まれ。本名、橋本宗久。コピーライターなどさまざまな職業を経て27歳で出家。かたわら小説を執筆。修行ののち故郷の臨済宗妙心寺派福聚寺(ふくじゅうじ)の副住職となる。「中陰の花」で芥川賞受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玄侑宗久 げんゆう-そうきゅう

1956- 昭和後期-平成時代の小説家,僧。
昭和31年4月28日生まれ。臨済宗妙心寺派福聚寺(ふくじゅうじ)住職。デビュー作「水の舳先(へさき)」(芥川賞候補)をへて,平成13年「中陰の花」で芥川賞。26年「光の山」で芸術選奨文部科学大臣賞。福島県出身。慶大卒。本姓は橋本。著作はほかに「慈悲をめぐる心象スケッチ」「テルちゃん」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

玄侑宗久の関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎[各個指定]工芸技術部門中平康野村芳太郎マキノ雅広川島雄三市川崑コーマン清水宏

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玄侑宗久の関連情報