コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玄侑宗久 ゲンユウソウキュウ

2件 の用語解説(玄侑宗久の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

げんゆう‐そうきゅう〔ゲンイウソウキウ〕【玄侑宗久】

[1956~ ]小説家・僧侶。福島の生まれ。本名、橋本宗久。コピーライターなどさまざまな職業を経て27歳で出家。かたわら小説を執筆。修行ののち故郷の臨済宗妙心寺派福聚寺(ふくじゅうじ)の副住職となる。「中陰の花」で芥川賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玄侑宗久 げんゆう-そうきゅう

1956- 昭和後期-平成時代の小説家,僧。
昭和31年4月28日生まれ。臨済宗妙心寺派福聚寺(ふくじゅうじ)住職。デビュー作「水の舳先(へさき)」(芥川賞候補)をへて,平成13年「中陰の花」で芥川賞。26年「光の山」で芸術選奨文部科学大臣賞。福島県出身。慶大卒。本姓は橋本。著作はほかに「慈悲をめぐる心象スケッチ」「テルちゃん」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

玄侑宗久の関連キーワード赤江瀑阿部牧郎重兼芳子三田誠広宮原昭夫大藪春彦石和鷹稲見一良広瀬仁紀森詠

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

玄侑宗久の関連情報