コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玄同放言 ゲンドウホウゲン

世界大百科事典 第2版の解説

げんどうほうげん【玄同放言】

随筆。6冊。曲亭馬琴著。1818年(文政1),20年刊。馬琴の独自な神話的宇宙論を語る,巻頭の〈蛭児進雄(ひるこすさのお)〉をはじめ,歴史,地理,人物,言語などの多くの考証・研究を集成した書。とくに《椿説弓張月》や《南総里見八犬伝》などの長編執筆の必要から生じた考証が多く,47項目にわたって,和漢298部の引用書によった執筆ぶりは,きめ細かい。小説作法や《水滸伝》批判の言及などは注目される。【高田 衛】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

げんどうほうげん【玄同放言】

随筆。三巻六冊。滝沢馬琴著。渡辺崋山ら画。1818~20年刊。天・地・植物・人事・器用・動物・雑の各部類、八五編の考証を収める。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

玄同放言の関連キーワードアサガオ滝沢馬琴

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android