コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玄如節 ゲンジョブシ

3件 の用語解説(玄如節の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

げんじょ‐ぶし【玄如節】

福島県会津地方の民謡。祭礼の夜籠もりの際の掛け合いから始まったもの。民謡「会津磐梯山(あいづばんだいさん)」の歌詞に転用されている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

げんじょぶし【玄如節】

《玄女節》とも書く。祝宴や祭礼などにうたわれた福島県会津地方の民謡。神社や寺の祭礼の夜籠りの〈掛け歌〉から出たものといい,歌上げと称する歌の名手が集まって掛け合いの形式で即席の歌を競い合ったりした。歌詞の〈玄如見たさに朝水汲めば〉の玄如には,東山天寧寺の美しい小姓とか,玄女という村の美女とかいう伝説が伝わるが,元来この歌の伝播に関与した下級女性宗教者(瞽女(ごぜ))の名称とも考えられる。歌詞の一部は《会津磐梯山》にも転用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

玄如節
げんじょぶし

福島県会津地方の民謡。唄(うた)の由来には、会津東山(ひがしやま)の天寧寺(てんねいじ)に住む玄如という名の美僧にあこがれて里の乙女たちが歌い出したという説、逆に玄女という美女に思いを寄せる村の若者たちが歌い出したという説がある。もとは神社仏閣の祭礼や縁日などの夜籠(よごも)りに、唄上げといって、唄の上手な人たちが集まり、掛け合いで歌ったり、唄で問答したり、あるいは新しい唄を発表したりする「掛け唄」である。節が素朴なためか、ほかの地方へ普及することなく、会津地方を中心に歌われてきた。広く歌われている民謡『会津磐梯(ばんだい)山』の歌詞には、この『玄如節』の一節が転用されている。[斎藤 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

玄如節の関連キーワードエスケープキー地狂言雌節供奉島唄樽御輿論弁御練りかちゃあしい

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone