コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津守国基 つもりの くにもと

2件 の用語解説(津守国基の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津守国基 つもりの-くにもと

1023-1102 平安時代中期-後期の神職,歌人。
治安(じあん)3年生まれ。摂津住吉神社(大阪府)神主。「後拾遺和歌集」にとられている名歌にちなんで薄墨の神主の異名がある。康和4年7月7日死去。80歳。家集に「津守国基集」。
【格言など】薄墨にかく玉章と見ゆるかな霞(かす)める空に帰る雁(かり)がね(「後拾遺和歌集」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

つもりのくにもと【津守国基】

1023‐1102(治安3‐康和4)
平安期の歌人,住吉社39代神主。基辰の子。1060年(康平3)神主となるが,後三条・白河親政に接近して69年(延久1)従五位下に叙され,住吉社の興隆に尽力し,中興の祖といわれる。和歌を好み,橘俊綱,良暹(りようせん)法師らと交流,表現面での新しさを求めて《万葉集》の用語を使用した歌を詠み,和歌史上注目される。《後拾遺和歌集》に3首入集したが,これは撰者に小鰺(あじ)を贈ったためとうわさされた。他の勅撰集に17首入集。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

津守国基の関連キーワード藤原歓子晋祠津守国基ボクシングサキャ派避難港大江匡房清原国貞藤原季仲源国信

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone