コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津守国基 つもりの くにもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津守国基 つもりの-くにもと

1023-1102 平安時代中期-後期の神職,歌人。
治安(じあん)3年生まれ。摂津住吉神社(大阪府)神主。「後拾遺和歌集」にとられている名歌にちなんで薄墨の神主の異名がある。康和4年7月7日死去。80歳。家集に「津守国基集」。
【格言など】薄墨にかく玉章と見ゆるかな霞(かす)める空に帰る雁(かり)がね(「後拾遺和歌集」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

つもりのくにもと【津守国基】

1023‐1102(治安3‐康和4)
平安期の歌人,住吉社39代神主。基辰の子。1060年(康平3)神主となるが,後三条・白河親政に接近して69年(延久1)従五位下に叙され,住吉社の興隆に尽力し,中興の祖といわれる。和歌を好み,橘俊綱良暹(りようせん)法師らと交流,表現面での新しさを求めて《万葉集》の用語を使用した歌を詠み,和歌史上注目される。《後拾遺和歌集》に3首入集したが,これは撰者に小鰺(あじ)を贈ったためとうわさされた。他の勅撰集に17首入集。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

津守国基の関連キーワード住吉大社

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android