コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

智恵子抄 チエコショウ

6件 の用語解説(智恵子抄の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちえこしょう〔チヱこセウ〕【智恵子抄】

高村光太郎の詩集。昭和16年(1941)刊。恋愛から、結婚、死別までの、妻智恵子への愛を歌う。
中村登監督による映画の題名。昭和42年(1967)公開。と、佐藤春夫による小説「小説智恵子抄」をあわせて翻案。出演、丹波哲郎岩下志麻ほか。第22回毎日映画コンクール撮影賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

智恵子抄【ちえこしょう】

高村光太郎の詩集。1941年刊。他界した夫人智恵子をしのんで編んだもの。詩29編,短歌6首,〈智恵子の半生〉ほか2編の回想記を収める。光太郎の精神的危機を救った智恵子との結婚生活,その狂気の時期,死後の追慕をうたった愛の詩集である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

智恵子抄

1967年公開の日本映画。監督:中村登、原作:佐藤春夫高村光太郎、脚色:広瀬襄、中村登。出演:丹波哲郎、岩下志麻、佐々木孝丸、田代信子、中山仁、加藤嘉、宝生あやこほか。第22回毎日映画コンクール撮影賞、録音賞、女優主演賞(岩下志麻)受賞。

智恵子抄

1957年公開の日本映画。監督:熊谷久虎、原作:高村光太郎、脚本:八住利雄、撮影:小原譲治。出演:山村聡、原節子、柳永二郎三好栄子、津山路子、太刀川洋一、小野松枝ほか。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちえこしょう【智恵子抄】

詩集。高村光太郎作。1941年(昭和16)刊。妻智恵子との出会いから死別までを、真実な愛の姿として抒情的に歌い上げた詩歌文集。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

智恵子抄
ちえこしょう

高村光太郎(こうたろう)の代表詩集の一つ。1941年(昭和16)8月、龍星閣(りゅうせいかく)刊。詩29編、短歌6首、散文3編を収めている。詩は、1912年(明治45)の「人に」から、40年の「梅酒」まで、智恵子に愛を告げる歌から、その没後10年を経て彼女を追憶する作までをほぼ編年体に並べて、さながら光太郎・智恵子夫妻の叙事詩集の趣(おもむき)となっている。ここで光太郎の目ざしたのは、智恵子が彼の目覚めであり、彼が智恵子の目覚めであるような、二身一体の愛と生命の賛美であり、自然法悦の賛嘆である。それだけに智恵子の狂気は痛ましく、彼女の死をめぐっての光太郎の慟哭(どうこく)は痛切である。いわゆる愛の詩集として、またヒューマンドキュメントとして、希有(けう)な位置を今日も保つ詩集である。版も幾度も重ねられた。[安藤靖彦]
『『智恵子抄』(新潮文庫) ▽草野心平編『高村光太郎と智恵子』(1959・筑摩書房) ▽郷原宏著『詩人の妻 高村智恵子ノート』(1983・未来社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

智恵子抄の関連キーワード高村豊周金井直高村レモン忌桜地人館高村光太郎記念館会田綱雄北川太一草野天平高村規

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

智恵子抄の関連情報