コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

智恵子抄 チエコショウ

デジタル大辞泉の解説

ちえこしょう〔チヱこセウ〕【智恵子抄】

高村光太郎詩集昭和16年(1941)刊。恋愛から、結婚、死別までの、妻智恵子への愛を歌う。
中村登監督による映画の題名。昭和42年(1967)公開。と、佐藤春夫による小説「小説智恵子抄」をあわせて翻案。出演、丹波哲郎岩下志麻ほか。第22回毎日映画コンクール撮影賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

智恵子抄【ちえこしょう】

高村光太郎の詩集。1941年刊。他界した夫人智恵子をしのんで編んだもの。詩29編,短歌6首,〈智恵子の半生〉ほか2編の回想記を収める。光太郎の精神的危機を救った智恵子との結婚生活,その狂気の時期,死後の追慕をうたった愛の詩集である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

智恵子抄

1967年公開の日本映画。監督:中村登、原作:佐藤春夫、高村光太郎、脚色:広瀬襄、中村登。出演:丹波哲郎、岩下志麻、佐々木孝丸、田代信子、中山仁加藤嘉、宝生あやこほか。第22回毎日映画コンクール撮影賞、録音賞、女優主演賞(岩下志麻)受賞。

智恵子抄

1957年公開の日本映画。監督:熊谷久虎、原作:高村光太郎、脚本:八住利雄、撮影:小原譲治。出演:山村聡、原節子柳永二郎三好栄子、津山路子、太刀川洋一、小野松枝ほか。

智恵子抄

TBS系列放映による日本の昼帯ドラマ。花王愛の劇場。放映は1970年11~12月。原作は高村光太郎の同名詩集、佐藤春男『小説智恵子抄』。出演:木村功、佐藤オリエほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ちえこしょう【智恵子抄】

詩集。高村光太郎作。1941年(昭和16)刊。妻智恵子との出会いから死別までを、真実な愛の姿として抒情的に歌い上げた詩歌文集。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

智恵子抄
ちえこしょう

高村光太郎(こうたろう)の代表詩集の一つ。1941年(昭和16)8月、龍星閣(りゅうせいかく)刊。詩29編、短歌6首、散文3編を収めている。詩は、1912年(明治45)の「人に」から、40年の「梅酒」まで、智恵子に愛を告げる歌から、その没後10年を経て彼女を追憶する作までをほぼ編年体に並べて、さながら光太郎・智恵子夫妻の叙事詩集の趣(おもむき)となっている。ここで光太郎の目ざしたのは、智恵子が彼の目覚めであり、彼が智恵子の目覚めであるような、二身一体の愛と生命の賛美であり、自然法悦の賛嘆である。それだけに智恵子の狂気は痛ましく、彼女の死をめぐっての光太郎の慟哭(どうこく)は痛切である。いわゆる愛の詩集として、またヒューマンドキュメントとして、希有(けう)な位置を今日も保つ詩集である。版も幾度も重ねられた。[安藤靖彦]
『『智恵子抄』(新潮文庫) ▽草野心平編『高村光太郎と智恵子』(1959・筑摩書房) ▽郷原宏著『詩人の妻 高村智恵子ノート』(1983・未来社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

智恵子抄の関連キーワード二代目コロムビアローズ観世 銕之丞(8代目)米川敏子(1世)片山 慶次郎高村 智恵子高村 光太郎観世銕之丞米川 敏子南田 洋子安達太良山観世 寿夫国分 俊夫松岡みどり熊谷 久虎中村 登幸 祥光観世寿夫黛 節子山本郁子新作能

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

智恵子抄の関連情報