コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

理性の詭計 りせいのきけいList der Vernunft

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

理性の詭計
りせいのきけい
List der Vernunft

ドイツの哲学者ヘーゲルの用語。『歴史哲学』その他の著作にみられ,理性の狡智とも訳される。理性みずから世界史の過程に現れず,個人をあやつって自己の目的を実現することをいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

理性の詭計
りせいのきけい
trick of reason英語
ruse de la raisonフランス語
List der Vernunftドイツ語

「理性の狡知(こうち)」とも。ヘーゲルの、とくに歴史哲学の概念として有名。『論理学』では「目的が客観との間接的な関係に入り、自己と客観との間に他の客観を挿入すること」、事物を目的連関に置くこと。目的が事物を手段にすることは「暴力」のようにみえるが、実は「詭計とは、他のものを、それが本来あるように存在することを強いる大いなる業(わざ)」(『実在哲学』)である。世界史には、「普遍的理念が、己を危険にさらす対立と抗争に侵されず、傷つくことなく背後に己を持して、さまざまの情熱という特殊的なものを、闘争のうちに送り込んで、消耗させる」理性の詭計が働く。これともっともよく似た思想はアダム・スミスの「見えざる手」である。[加藤尚武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

理性の詭計の関連キーワード加藤尚武詭計

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android