コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琉球織物 りゅうきゅうおりもの

1件 の用語解説(琉球織物の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうきゅうおりもの【琉球織物】

沖縄では琉球王朝時代から織物は盛んで,それらは日本,南方,中国,朝鮮のものを吸収し,発展をとげてきた。とくに絣は世界一ともいえるほどに大成し,地域に自生したり,栽培したりした素材と色素をすべて工夫・利用し,独自の技法をあみ出して特異の織物文化を築いてきた。素材としてはバショウチョマ(苧麻),木綿,絹および紬,リュウゼツラン(今は織られていないが桐板(とんびやん)の材料といわれる)などが用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

琉球織物の関連情報