コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琴海 きんかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

琴海
きんかい

長崎県南部,長崎市北部の旧町域。西彼杵半島東岸にあり,大村湾に面する。リアス海岸で複雑に入り組んだ地形をなす。 1959年長浦村と村松村が合体して琴海村となり,1969年町制。 2006年長崎市に編入。農業が主産業で,ミニトマト,イチゴ,キクなどの栽培が行なわれ,なかでもミカンとスイカが特産品として知られる。漁業では湾内一本釣り形上湾や村松湾では戦前から真珠養殖が盛ん。南部は宅地化が進み,南端に琴海ニュータウンが建設されるなど長崎市市街地への通勤圏となっている。湾岸の一部は大村湾県立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

琴海
きんかい

長崎県西彼杵(にしそのぎ)郡にあった旧町名(琴海町(ちょう))。現在は長崎市北部の一地域。旧琴海町は1969年(昭和44)町制施行。2006年(平成18)長崎市に編入。旧町域は、西彼杵半島東岸に位置し、大村湾に面する。海岸沿いに国道206号が南北に走る。「琴海」の名は大村湾の古い呼び名に由来する。大村湾の支湾をなす形上(かたがみ)湾や村松湾では真珠養殖が盛んで、長崎県真珠組合員の3分の1をこの地域で占める。農業面では果樹や野菜、花卉(かき)の栽培が盛ん。特産物はミカンとスイカで、とくに尾戸(おど)の半島部から形上湾沿岸に多い。南部の西海(にしうみ)は西海(にしめ)石(石材)の産地で、石材業者が多い。西部は西彼杵山地で開拓集落が散在している。1982年7月23日の長崎豪雨に際して時間雨量153ミリメートルの記録を示した長浦(ながうら)岳(561メートル)も含まれる。沿岸部にはゴルフ場があり、マリンスポーツ、磯釣りなどの行楽客も多い。南部は長崎市中心市街地のベッドタウンとして宅地開発が進む。[石井泰義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

琴海の関連キーワード田尻ウェンディ長崎県長崎市国民体育大会琴海[町]木乃エリカ長崎(市)柴田義董

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

琴海の関連情報