環境月間(読み)かんきょうげっかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

環境月間
かんきょうげっかん

環境問題についての啓発のため,特に定められた月。毎年6月。 1972年6月5日ストックホルムで開催された国連人間環境会議は,人類とその子孫のために人間環境の保全と改善を世界共通の努力目標にするとの「人間環境宣言」を採択し,この日を世界環境デーとすることを決議した。日本でも,この日を初日とする環境週間が実施され,環境問題を全国民的規模で考えるような運動や住民団体による諸行事,環境行政に関するシンポジウムなどが行われるようになった。その後,92年の地球サミットなどによる環境問題への意識の高まり,93年の環境基本法制定を経て,6月が環境月間,6月5日が「環境の日」と定められた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

環境月間の関連情報