コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国連人間環境会議 こくれんにんげんかんきょうかいぎ United Nations Conference on the Human Environment

4件 の用語解説(国連人間環境会議の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国連人間環境会議
こくれんにんげんかんきょうかいぎ
United Nations Conference on the Human Environment

スウェーデンの提唱により 1968年の国連総会決議に基づき,「かけがえのない地球」 Only One Earthというスローガンのもとに,1972年6月5日から 16日までストックホルムで開催された国際会議

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

国連人間環境会議【こくれんにんげんかんきょうかいぎ】

ストックホルム会議

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こくれんにんげんかんきょうかいぎ【国連人間環境会議 United Nations Conference on Human Environment】

1972年6月5~16日までストックホルムで開催された人間環境問題に関する最初の本格的な国連会議。開催地にちなんで〈ストックホルム会議〉とも呼ばれる。1968年から4年にわたる精力的な準備を経て,114ヵ国の政府代表(日本の場合は大石環境庁長官)と多数の国際機関(世界銀行OECD等)の参加を得,各国マスコミの注視の下に開催された。 当時の日本では,環境問題とはすなわち公害問題との認識が一般的であったが,この会議は人間居住,天然資源管理,有害物質環境教育・情報,開発など広範な問題を取り上げ,世界の環境問題の幅広さを印象づけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国連人間環境会議
こくれんにんげんかんきょうかいぎ
United Nations Conference on the Human Environment

1968年の国連総会決議に基づき、72年6月にストックホルムで、113か国から1200人以上の代表を集めて開かれた。ストックホルム会議ともよばれるこの会議では、「かけがえのない地球」を合いことばに、世界の環境問題が初めて世界的規模で総合的に議論され、人間環境宣言行動計画、その他四つの決議が採択された。
 人間環境宣言は、人間環境を自然環境のみならず、経済開発問題や人口問題などを含む総合的なものとしてとらえ、人間環境の保護と改善に関する原則を宣言している。それは、人は一定の環境を享受する基本的権利と、環境を保護・改善する義務を有するとし、各国は自国の環境政策に従ってその資源を開発する主権的権利を有するが、それが他国または国家の管轄権外の環境に損害を与えないようにする責任があると指摘するとともに、環境保護のために次のことが必要だと述べている。天然資源の保護、有害物質の排出規制、海洋汚染の防止、経済・社会発展の促進、開発・都市化・人口政策と環境保護との調整、環境保護のための科学技術の開発・移転の促進、環境保護に関する教育の推進、汚染に対する補償に関する国際法の発展、環境の保護と改善のための国際協力、核兵器その他の大量破壊兵器の除去・破棄のための努力など。行動計画では、人間居住の計画と管理、天然資源管理、汚染物質の規制、環境問題の教育・情報・文化、開発と環境の諸分野について、国際協力に関する具体的な勧告が示されている。決議では、宣言および行動計画を実施するために国連内に環境計画管理理事会、環境事務局、環境基金、環境調整委員会を設置すること、この会議の開催日6月5日を世界環境デーとすることなどを宣している。同年の国連総会は、国連環境計画という国際機構の設立を決定した。[佐分晴夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の国連人間環境会議の言及

【公害】より

… このような環境政策での行詰りは日本のみではない。1972年のストックホルムでの国連人間環境会議は,〈かけがえのない地球〉というスローガンの下に開かれた人類最初の国際会議としてのその意義は大きかったが,以後の世界経済の不況による各国の環境政策の後退の影響を受けて,第2回は開かれていず,82年10周年記念大会がナイロビで行われたにとどまっている。
〔公害問題の特徴〕

【被害の側から見た特徴】

[生物的弱者への集中]
 公害問題を被害の側から見た特徴は,まず第1に生物的弱者から被害が始まることである。…

【人口】より

…世界人口の増加と地球の扶養能力の限界の問題についての認識が公式の場であらわれてきたのはせいぜい1960年代の終りころから70年代においてである。72年の国連人間環境会議においては,人口の増加と人間の生存環境の悪化がとりあげられた。また,同年には,ローマ・クラブの委嘱によるD.L.メドウズの《成長の限界》が発表され,世界人口の増加と高度経済成長の持続がもたらす人類の破局の危機が警告された。…

【生活環境】より

…このような社会的背景の中で,人の暮しとその環境条件との関係を明らかにして,よりよい解決を見いだそうとする意識が強まり,生活環境の語がしだいに一般化したとみられる。1972年にスウェーデンのストックホルムで行われた国連人間環境会議は,人間環境宣言を発して,このような考え方についての世界的な合意の形成に大きな影響をもたらした。 現代の都市化した社会生活では,人の暮しは,一方で住居や近隣の身近な生活環境に支えられると同時に,他方で広域的な公共施設や諸制度に支えられている。…

※「国連人間環境会議」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国連人間環境会議の関連キーワードストックホルム・アピールストックホルム学派ストックホルム症候群ストックホルムシンドローム王立ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団ストックホルム室内管弦楽団ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団ストックホルムマラソンストックホルム会議《ストックホルム・パピルス》

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国連人間環境会議の関連情報