コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瓜実条虫 ウリザネジョウチュウ

3件 の用語解説(瓜実条虫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うりざね‐じょうちゅう〔‐デウチユウ〕【×実条虫】

条虫の一種。全体は鎖状で、体長15~35センチ。個々の体節が瓜の種の形をしている。中間宿主は犬・猫につくノミ・シラミで、終結宿主は犬・猫、まれに人の腸内に寄生。犬条虫。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うりざねじょうちゅう【瓜実条虫】

条虫綱の扁形動物。俗にいうサナダムシの一種。全長40センチメートル 以上になる。体は多くの体節からなる。体節は長さ1センチメートルほどで、瓜の実に似る。人間や犬猫に寄生する。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

瓜実条虫
うりざねじょうちゅう
[学]Dipylidium caninum

扁形(へんけい)動物門条虫綱円葉目に属する寄生虫。イヌ条虫ともいう。イヌやネコの小腸に普通にみられ、体長50センチメートルに達する。頭節に近い片節は短くて幅広いが、後方になるにつれ幅より長さを増し、いわゆる瓜の実(種(たね))型になる。各片節には2組の生殖器を備えている。
 老熟片節は排出されたのちしばらく動きながら卵を放出する。このため人の目にとまりやすい。卵は中間宿主のノミの幼虫に食べられ、ノミの体内で発育して、ノミが成虫に変態したのちに擬嚢尾虫(ぎのうびちゅう)という幼虫になる。このような幼虫を宿したノミは運動が不活発になり、イヌやネコに食べられやすくなる。感染してもほとんど無症状のことが多い。成虫の駆除とともに中間宿主となるノミの駆除も必要となる。ヒト(とくに幼児)に寄生することもある。[町田昌昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone