瓢箪から駒が出る(読み)ヒョウタンカラコマガデル

デジタル大辞泉の解説

瓢箪(ひょうたん)から駒(こま)が出(で)る

意外な所から意外な物が出ること。ふざけて言ったことが実現することのたとえ。
(多く打消しの語を伴って)とうていありえないことのたとえ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ひょうたん【瓢箪】 から 駒(こま)が出(で)

① 意外な所から意外の物が出ることのたとえ。冗談半分のことが事実となってしまう場合などにいう。
※俳諧・毛吹草(1638)五「へうたんの駒も出べき春野哉〈良伝〉」
② (打消の形を伴って) 道理上、絶対に起こり得ないことのたとえ。
仮名草子・尤双紙(1632)下「くすみたる物のしなじな〈略〉ひょうたんから駒(コマ)はいでねども、身をまんじてくすむ人もあり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android