烏の頭が白くなる(読み)からすのかしらがしろくなる

精選版 日本国語大辞典「烏の頭が白くなる」の解説

からす【烏】 の 頭(かしら)が白(しろ)くなる

(中国の戦国時代、人質になっていた太子帰国を望んだところ、秦王が「が白くなり、に角(つの)が生えたら許可しよう」と答えたという「史記‐刺客伝賛注」「燕丹子」などにみえる故事から) 容易に起こり得ないこと、あり得ないことをたとえていう。烏頭白(うとうはく)
平家(13C前)五「始皇帝あざわらって、なんぢにいとまをたばん事は、馬に角おひ、烏の頭の白くならん時を待べし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「烏の頭が白くなる」の解説

からすかしらしろくなる

《人質になっているの太子丹に、王が烏の頭が白くなり、馬に角が生えたら帰国を許すと言ったという「史記」刺客伝賛注の故事から》ありえないことのたとえ。烏の頭白く馬角うまつのを生ず。
[類語]甲が舎利しゃりになる舎利が甲になる瓢箪から駒が出る立ち臼も二階へ登る三十日に月が出る杓子しゃくしで腹を切るり粉木で腹を切る擂り粉木で芋を盛る大海を手で空にしめ結う泰山をわきばさみて北海を超ゆ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android