コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

擂り粉木/摺り子木 スリコギ

デジタル大辞泉の解説

すりこ‐ぎ【×擂り粉木/×摺り子木】

すり鉢で、物をするのに用いる棒。サンショウの木が良材とされる。れんぎ。あたりぎ。すりぎ。
《すりこぎは、使うに従って短くなるところから》少しも進歩せず、かえってだんだん退歩する人をあざけっていう語。
《頭の形が似ているところから》僧をののしっていう語。また、転じて、人をののしっていう語。
「なんだ此(この)―めら」〈洒・二筋道

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すりこぎ【擂り粉木】

すり鉢で物をすりつぶすのに用いる棒。山椒さんしようの木で作ったものがよいとされる。連木れんぎ。すりぎ。あたりぎ。
僧、特に下級の僧を軽蔑していう語。頭の形からの連想とも、味噌を擂ることからともいう。 「編笠で-の来るせはしなさ/柳多留 46
〔味噌をすり鉢で擂ることから〕 みそ汁。 「右の脈が頭勝ちなはもし-などは参らぬか/浄瑠璃・今宮心中

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

すりこぎ【擂り粉木/摺り子木】

すり鉢で食材をすりつぶしたり、ついたりするときに用いる木の棒。上部の握る部分が細く、下にいくほど太い。さんしょうの木が良材とされ、他に桐・柳などで作る。◇「すりぎ」「れんぎ」ともいう。また、「する」ということばを忌んで「当たり棒」ともいう。

出典 講談社食器・調理器具がわかる辞典について 情報

擂り粉木/摺り子木の関連キーワード手足を擂り粉木にする擂り粉木で腹を切る擂り粉木で芋を盛る味噌を擂るすり鉢擂り鉢