擂り粉木(読み)スリコギ

デジタル大辞泉「擂り粉木」の解説

すりこ‐ぎ【×擂り粉木/×摺り子木】

すり鉢で、物をするのに用いるサンショウの木が良材とされる。れんぎ。あたりぎ。すりぎ。
すりこぎは、使うに従って短くなるところから》少しも進歩せず、かえってだんだん退歩する人をあざけっていう語。
《頭の形が似ているところから》僧をののしっていう語。また、転じて、人をののしっていう語。
「なんだこの—めら」〈二筋道

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

食器・調理器具がわかる辞典「擂り粉木」の解説

すりこぎ【擂り粉木/摺り子木】

すり鉢で食材をすりつぶしたり、ついたりするときに用いる木の棒。上部の握る部分が細く、下にいくほど太い。さんしょうの木が良材とされ、他になどで作る。◇「すりぎ」「れんぎ」ともいう。また、「する」ということばを忌んで「当たり棒」ともいう。

出典 講談社食器・調理器具がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

亜種

特定のウイルスに似ていながら、微妙に異なる特徴を持つもの。たとえば、メールを自動配信する特定のウイルス「XXX」が固有の件名や添付ファイル名を使用している場合、これと動作は似ていながら、異なる件名や添...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android