甲が舎利になる(読み)こうがしゃりになる

精選版 日本国語大辞典「甲が舎利になる」の解説

こう【甲】 が 舎利(しゃり)になる

(「」はよろい、一説に頭蓋骨とも。「舎利」は梵語で火葬に付した骨をいう) 甲のような堅いものが粉々に砕けてしまうこと。めったにありえないこと、また、物の変化の著しいことのたとえ。多く「…ても」など逆接の形で、たとえどんなことがあっても、絶対に、断じてなどの意を表わす。
浄瑠璃・薩摩歌(1711頃)夢分舟「くびはくびどうはどう、かふがしゃりになるとても、親の手へは渡すまい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「甲が舎利になる」の解説

こう舎利しゃりにな・る

よろいのような堅いものがこなごなに砕け、火葬後の骨のようになる意から、めったにありえないことのたとえ。舎利が甲になる
[類語]舎利が甲になるからすかしらが白くなる瓢箪から駒が出る立ち臼も二階へ登る三十日に月が出る杓子しゃくしで腹を切るり粉木で腹を切る擂り粉木で芋を盛る大海を手で空にしめ結う泰山をわきばさみて北海を超ゆ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android