空に標結う(読み)そらにしめゆう

精選版 日本国語大辞典「空に標結う」の解説

そら【空】 に 標(しめ)(ゆ)

空中にしめ縄を結いわたす。不可能なこと、思ってもかいのないことを思いわずらうたとえ。
※浜松中納言(11C中)四「この人に逢ひたてまつらざらましかば、いかでかはかばかりの御有さまも聞かましと、そらにしめ結ふ恋しさに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「空に標結う」の解説

そらしめ・う

標縄しめなわを結い渡すような、不可能なこと、思ってもかいのないことを思い煩う。
「いかでかはかばかりの御有様も聞かましと、―・ふ恋しさに」〈浜松・四〉
[類語]からすかしらが白くなる甲が舎利しゃりになる舎利が甲になる瓢箪から駒が出る立ち臼も二階へ登る三十日に月が出る杓子しゃくしで腹を切るり粉木で腹を切る擂り粉木で芋を盛る大海を手で泰山をわきばさみて北海を超ゆ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android