瓢虫(読み)テントウムシ

デジタル大辞泉「瓢虫」の解説

てんとう‐むし〔テンタウ‐〕【瓢虫/天道虫/紅娘】

甲虫目テントウムシ科の昆虫総称。体長7ミリくらい、半球状で足は短い。幼虫は体が長く、体表に針状の毛が散在する。アブラムシカイガラムシ、植物の病菌を食べるもののほか、農作物害虫となるものもいる。 夏》老松の下に―と在り/茅舎
テントウムシ科の昆虫。最も普通にみられる種で、背面は黒に橙色、橙色に黒色の紋などさまざまな模様のものがある。触ると悪臭のある橙黄色の汁を出す。幼虫・成虫ともアブラムシを食べる益虫。なみてんとう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「瓢虫」の解説

瓢虫 (テントウムシ)

学名Harmonia axyridis
動物。テントウムシ科の昆虫

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android