コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雨仕舞(い) アマジマイ

デジタル大辞泉の解説

あま‐じまい〔‐じまひ〕【雨仕舞(い)】

雨水が建物内部に入らないようにすること。また、その施工方法。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あまじまい【雨仕舞 weathering】

雨水が建物の中に浸入するのを防ぐこと,またはその方法。〈雨仕舞が良い〉〈雨仕舞が悪い〉などという。雨仕舞が悪いと雨漏りに悩まされるばかりでなく,建物の各部材のカビ,さびの発生や腐朽の原因となり,建物を汚し,寿命を縮めることになる。雨仕舞の基本は,(1)雨水をできるだけ寄せつけない,(2)雨水の浸入経路を作らない,(3)雨水の浸入する力を断つことである。(1)は建物にできるだけ雨水を当てないことであり,また当たった雨水は速やかに流し去ることである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雨仕舞
あまじまい

建物への雨水の浸入を防ぎ、かつ漏れた雨水を処理すること。したがって広義には屋根面、外壁面全体の防水を含むが、通常はそれらのなかでとくに雨漏りをおこしやすい部分、たとえば屋根の端部(螻羽(けらば)、軒(のき))や谷、パラペット(屋上にある手すり壁)の立ち上がり箇所や天端(てんば)(上端のこと)、壁では開口部周辺などの扱いをさす。これらの部分では、通常の屋根面や壁面とは別に特殊な防水処理を施さなければならない。たとえば勾配(こうばい)屋根の谷では、その部分に雨水が集中して流れるので、底に銅板など、とくに水の浸透しにくい材料を敷くなどの処置である。また、陸(ろく)屋根では防水層を単に水平面に置くだけでなく、パラペットに沿わせて数十センチメートルは立ち上げておかなければならない。窓の上下辺に沿って外壁に突起をつくる(上辺の突起をとくに長く突き出したものがひさし)のも一種の雨仕舞で、これを水切りとよぶことがある。外壁にはモルタルのような多少とも浸透性のある材料を用いることもあるが、水切りは金属板のような不浸透性材料で覆っておかなければならない。[山田幸一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の雨仕舞(い)の言及

【風化作用】より

…地表の岩石が風雨や日射にさらされて変質される作用をいう。その場合岩石はもともとの位置を変えることなく,岩体の周囲から影響を受けて分解しやすい状態になったり,破壊されたり,脆弱にされたり,着色されたりする。風化には機械的風化作用mechanical weatheringと化学的風化作用chemical weatheringとの2種がある。機械的風化作用は物理的風化作用ともいい,日射と夜間の冷却のような温度変化により岩石・鉱物に差別的膨張収縮が起きたり,融解水が割れ目にしみ込み凍結膨張して楔(くさび)作用を及ぼしたりして,その結果岩石が破砕される作用をいう。…

※「雨仕舞(い)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

雨仕舞(い)の関連キーワードガラスサッシ輸入サッシ瓦棒葺き窓サッシ寄棟屋根下見張り雨仕舞い障泥板サッシ水切り羽目板瓦棒天窓寄棟校倉鞘組千木

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android