コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甘粛地震 カンシュクジシン

2件 の用語解説(甘粛地震の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かんしゅく‐じしん〔‐ヂシン〕【甘粛地震】

中国甘粛省付近を震源とする地震。この地域はインドプレートの移動に伴い、大地震が多発する。1920年12月16日には、甘粛省に隣接する寧夏(ねいか)回族自治区を震源としたマグニチュード8.5の大地震が発生、震央付近で約23万人の死者を出した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

甘粛地震
かんしゅくじしん

中国甘粛省付近を発生源とする地震。中国大陸北西部は、インドプレートの移動に起因する北東―南西方向の圧縮力を受け、数多くの大地震が発生する地域である。1920年12月16日におきた甘粛地震は、甘粛省北部に隣接する寧夏(ねいか)回族自治区海原県を震央としたマグニチュード(M)8.6の大地震で、震央付近の死者は23万人余と報告されている。この地震の際の有感範囲は中国大陸全域に及び、広範囲にわたって大きな被害をもたらした。震央地区から北西方向(左ずれ)に地震断層を形成し、全長約200キロメートルにわたり地割れ、陥没、山崩れなどの地表異変を生じた。
 この地域に発生したおもな地震としては、1143年の銀川(ぎんせん)地震、5000人の死者で知られる1306年の開城地震(M6.5)、万里の長城を水平方向(右ずれ)に1.4メートル、鉛直0.9メートルも変位させたことで知られる1739年の平羅(へいら)地震(M8.0)、および1927年の甘粛省古浪(ころう)県大地震(M7.9)などがある。[脇田 宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

甘粛地震の関連キーワード河西震央十勝沖地震宮城県沖地震月震姑臧台湾大地震首都直下地震北海道南西沖地震と奥尻町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone