コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生人形 いきにんぎょう

世界大百科事典 第2版の解説

いきにんぎょう【生人形】

あたかも生きた人間のように見える等身大の人形。または,一つのテーマのもとに何体もの人形を作って展示する見世物を指す。熊本の仏師安本善蔵の子亀八(1826‐1900)と,門弟松本喜三郎(1825‐91)が著名。亀八の生人形製作は大坂が最初という。1860年(万延1)に熊本で見せた《浮世四十七癖》は,75年に中国,上海へ買われて行く。のちの《東海道五十三駅(つぎ)》や《西南戦争》も名高い。一方の松本は,1854年(安政1)に大坂で〈異国人物〉を見せ,翌年から江戸で活躍する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の生人形の言及

【人形】より

菊人形もその一つである。(f)この見世物の人形に,幕末のころ,本物の人間そっくりにこしらえた人形が現れ,〈生(いき)人形〉と呼ばれて評判をとった。この生人形系統の人形は,のちに西洋系統のマネキンの進出するにいたるまで,デパートのマネキンに用いられた。…

※「生人形」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

生人形の関連キーワード松柳亭 鶴枝(2代目)松柳亭 鶴枝(初代)安本亀八(初代)秋山平十郎野口 園生

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生人形の関連情報