コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生活扶助 せいかつふじょ

4件 の用語解説(生活扶助の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生活扶助
せいかつふじょ

生活保護制度の基本となる扶助で,一般生活費である食料費,被服費,燃料費,水道料および家具什器費などを内容とし,これを基準生活費と称している。これに 11月~3月の間,冬期の光熱費が加算される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

生活扶助

生活保護費は住宅、医療、教育扶助など8種類あり、このうち生活扶助が食費や光熱費など生活費として暮らしの柱となる。物価を反映して、全国を市町村ごとに6段階に分けて設定。33歳・29歳・4歳の3人世帯で比べると、最も高い大阪市や東京23区などの大都市部(約16万7千円)と、最も低い地方(約13万1千円)とで22%の幅がある。

(2007-12-14 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せいかつ‐ふじょ〔セイクワツ‐〕【生活扶助】

生活保護法に基づく保護の一。困窮のために最低限度の生活を維持することができない者に対して、衣食その他日常生活の需要を満たすために行われる金銭給付。更生施設などへの収容や現物で給付されることもある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せいかつふじょ【生活扶助】

生活保護法による保護の一。困窮のため衣食その他日常生活に必需の物資を欠く者に対して行う金銭給付。救護施設・更生施設などへの入所等、あるいは現物給付の形をとって行われることもある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の生活扶助の言及

【生活保護】より

…なお実施上の原則として,保護は本人,その扶養義務者または同居の親族の申請を要すること,保護の要否および程度は厚生大臣の定める保護基準により測定した世帯単位の需要を基に,本人の金銭または物品で満たすことができない不足分を扶助するものであること,とされている。
[種類と方法]
 保護は,生活扶助(衣食の費用),教育扶助(義務教育関連費用),住宅扶助(家賃・地代,住宅補修費用),医療扶助(傷病治療関連費用),出産扶助(分べん関連費用),生業扶助(生業資金,技能修得費,就職支度費用),葬祭扶助(葬儀関連費用)の7種類に分けられ,世帯の需要に応じ単一または複数の扶助が支給される。また上記の扶助の基準額は厚生大臣が定め,毎年告示されるが,特別の事由がある場合には個別に特別基準が設定される(生活保護基準)。…

【生活保護基準】より

… 生活保護の7種の扶助にそれぞれ基準が設けられているが,居宅,日常の生活費に当たるのは,生活,教育,住宅の3扶助であるといってよい。生活扶助では,基準生活費は一類費(性,年齢別),二類費(世帯人員別,11~3月には冬期加算が付加される)および年末の期末一時扶助によって構成される。これに加えて妊産婦加算・障害者加算など,個々の必要に応ずる加算がある。…

※「生活扶助」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

生活扶助の関連情報