生産都市(読み)セイサントシ

大辞林 第三版の解説

せいさんとし【生産都市】

水産都市・工業都市などのように、都市の中心的機能が生産を中心にして形成された都市。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生産都市
せいさんとし

都市機能のなかで鉱工業のような生産的な機能が中心となっている都市をいう。政治の中心地や市場町のように生産的な機能が少なく消費人口の多い消費都市に対する語。産業革命前にも、外部分業による中小規模の企業集団からなる生産都市はみられるが、多くは産業革命後の急激な工業化によって出現をみた。[沢田 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の生産都市の言及

【都市】より


[都市の機能分化]
 都市の増加につれて,都市機能の中で都市の特徴となるものが現れ,分業的な機能分担が次のように行われるようになった。(1)生産都市 工業製品を生産する工業都市,鉱産物を生産する鉱業都市,水産業と水産加工業に卓越する水産都市,林産物(木材の生産と加工)に特徴のある林業都市の4種がある。原料物資の流入,製品の流出が特徴である。…

※「生産都市」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android