コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消費都市 ショウヒトシ

3件 の用語解説(消費都市の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょうひ‐とし〔セウヒ‐〕【消費都市】

鉱工業の生産活動が少なく、生産に直接関与しない機能や施設が大部分を占めている都市。政治都市宗教都市観光都市など。→生産都市

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しょうひとし【消費都市】

生産的機能よりも消費的機能の方が中心となっている都市。宮廷都市。衛星都市・観光都市など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

消費都市
しょうひとし

鉱工業などの生産活動が少なく、第三次産業部門や無職の人々が大部分を占めている都市。生産都市に対する語。「都市」の語源が政治を行う「みやこ」と商品の取引を行う「市(いち)」にあるように、産業革命以前の都市の多くは、生産活動でなく消費都市の傾向が強かった。産業革命以後、工業化が急激に進み、生産都市が多く成立したのに対し、政治の中心地や市場町、港町などを消費都市とよぶに至った。[沢田 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の消費都市の言及

【都市】より

…物資の流動に関係する都市である。(3)消費都市 政治の中心としての政治都市,軍隊の存在によって成立する軍事都市,大学や研究所の存在が基盤になる学術都市,宗教的施設や信仰の中心がある宗教都市,観光施設があり,観光基地となる観光都市,温泉地や避暑地・避寒地にできた保養都市,衛星都市として住宅機能の卓越した住宅都市など多種多様であるが,物資は流入し,都市内で消費され,廃残物しか出てゆかない都市である。以上の三つの分類は,都市のもつ諸機能の中で最も卓越した機能,あるいは最も特徴的な機能によって分類したものであるが,大都市では三つの機能を兼ね備えているのが普通で,それらは総合都市として別に分類される。…

※「消費都市」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

消費都市の関連キーワード生産指数生産費鉱工業生産指数鉱工業生産都市生産年齢鉱工業指数鉱工業生産者製品在庫指数鉱工業生産指数(Industrial produce index)鉱工業統計

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

消費都市の関連情報