田中一光(読み)たなかいっこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田中一光
たなかいっこう

[生]1930.1.13. 奈良
[没]2002.1.10. 東京
グラフィック・デザイナー。1950年に京都市立美術専門学校図案科(→京都市立芸術大学)を卒業。産経新聞大阪本社などでグラフィック・デザインを手がけ,1963年に独立。日本の伝統を現代化したデザインで国際的に高い評価を受けた。毎日産業デザイン賞 (1966) ,芸術選奨文部大臣新人賞 (1980) ,ニューヨークADC金賞 (1986) ,毎日芸術賞 (1988) ほか受賞多数。作品集『田中一光デザインの世界』 (1987) がある。2000年文化功労者。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

田中一光【たなかいっこう】

グラフィック・デザイナー。奈良市生れ。京都市立美術専門学校卒。ポスター作品は数多いが,中でも1954年から続く《産経観世能》のポスターはモダンデザインの方法論と日本の伝統的美意識とを融合する田中のデザイン・スタイルが結晶化した傑作。原弘の作品集《原弘 グラフィック・デザインの源流》など数多くの装幀,明朝体《光朝》の書体設計,《タント》などの洋紙開発,赤坂東急ホテルの外装色彩計画など幅広く活動。1973年より西武流通グループ(西武百貨店)のアート・ディレクターを務め,ロゴ・マークからパッケージ,劇場・美術館のポスター,店舗の環境デザインまで,総合的な視点から同グループの企業戦略を支えた。
→関連項目八木一夫

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中一光 たなか-いっこう

1930-2002 昭和後期-平成時代のグラフィックデザイナー。
昭和5年1月13日生まれ。35年日本デザインセンター設立に参加。38年から田中一光デザイン室を主宰ブックデザイン,ポスター,シンボルマークなど幅ひろく手がける。48年講談社出版文化賞ブック・デザイン部門,63年毎日芸術賞。平成11年第1回亀倉雄策賞。12年文化功労者。平成14年1月10日死去。71歳。奈良県出身。京都市立美術専門学校(現京都市立芸大)卒。著作に「デザインの周辺」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たなかいっこう【田中一光】

1930~2002) グラフィック-デザイナー。奈良県生まれ。1960年(昭和35)、日本デザインセンター創立に参加。のち独立。日本における広告デザインの先駆者で、ポスター・出版・環境デザインなど幅広く手がけた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田中一光の関連情報