コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原弘 はらひろむ

4件 の用語解説(原弘の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原弘
はらひろむ

[生]1903.6.22. 飯田
[没]1986.3.26. 東京
グラフィックデザイナー。東京府立工芸学校印刷科卒業後,同校講師。タイポグラフィを研究,印刷知識を生かして,写真と文字を組合せたデザイン作品を発表し注目された。 1937年パリ万国博覧会の日本館,39年ニューヨーク万国博覧会の日本修交室の写真壁画,53年『世界の現代建築』 (文部大臣装丁賞) ,64年東京オリンピック関係のデザインを担当。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

原弘【はらひろむ】

グラフィック・デザイナー。長野県生れ。1921年東京府立工芸学校卒業後,1933年日本工房,1934年中央工房の設立に参加。1941年東方社に入社し,第2次大戦の海外宣伝誌《FRONT》のデザインを手がける。
→関連項目勝井三雄亀倉雄策田中一光東方社名取洋之助日本工房

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原弘 はら-ひろむ

1903-1986 昭和時代のグラフィックデザイナー。
明治36年6月22日生まれ。日本工房,中央工房をへて昭和16年東方社美術部長となり「FRONT」を編集。27年武蔵野美術学校教授。35年日本デザインセンターを創立,のち社長となる。百科事典,全集などの造本・装丁を多数手がけた。昭和61年3月26日死去。82歳。長野県出身。東京府立工芸(現都立工芸高)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

原弘
はらひろむ
(1903―1986)

グラフィック・デザイナー。長野県生まれ。東京府立工芸学校卒業。同校講師としてデザイン教育に携わる一方、1932年(昭和7)に写真家名取(なとり)洋之助が創立した日本工房に参加、のちに木村伊兵衛らと中央工房を設立した。40年より東方社美術部長に就任。早くよりモホリ・ナギやチヒョルトらの新しい視覚的表現に注目して、その理論を紹介し、また実践した。日本における本格的なグラフィック・デザインの開拓者の1人で、とりわけポスターや装丁などでのタイポグラフィックな仕事が特筆される。印刷というメディアへの深い関心が貫かれていた意義はきわめて大きい。61年、毎日産業デザイン賞受賞など、多くの受賞歴がある。[高見堅志郎]
『『原弘 グラフィック・デザインの源流』(1985・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原弘の関連キーワード会津勝己藤井久子飯田エヌ没・歿勃・歿・没長野県飯田市飯田上長野県飯田市上飯田新飯田Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

原弘の関連情報