コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中一村 たなか いっそん

3件 の用語解説(田中一村の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

田中一村

日本画家。栃木県生。父は彫刻家稲村。名は孝、初号は米邨、のち一村と改める。南画を能くし、東美校に東山魁夷橋本明治らと同期で入学するが三か月で中退。青龍社展に出品、入選をはたすがやがて画壇との交渉を断ち、昭和33年奄美大島に移住、南洋の植物や鳥をモティーフに絵を描き続けた。昭和52年(1977)歿、69才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

田中一村【たなかいっそん】

日本画家。栃木県生れ。本名孝。父は仏師田中稲村。1926年東京美術学校に入学するが,結核のため同年退学。画壇より離れて独自の日本画を制作。1958年奄美大島へ移住。(1908-1977)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中一村 たなか-いっそん

1908-1977 昭和時代の日本画家。
明治41年7月22日生まれ。昭和22年「白い花」が青竜社展で初入選。翌年川端竜子と意見を異にし,以後画壇をはなれる。33年鹿児島県奄美大島に移住,亜熱帯の自然を神秘的,官能的にえがいた。昭和52年9月11日死去。69歳。栃木県出身。東京美術学校(現東京芸大)中退。本名は孝。別号に米邨。作品に「アダンの木」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

田中一村の関連キーワード松本姿水森白甫長谷川玉粹鬼頭如石山田申吾押田翠雨酒井亜人山岡良文山下巌山下紅畝

今日のキーワード

参院選の日程

改選議員が任期満了を迎える7月25日の前30日以内に実施される。参院選を「18歳選挙」の対象とするためには6月20日以降の公示とする必要がある。投票日を通例の日曜日とすれば、候補は7月10日、17日、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田中一村の関連情報